保険見直し 家を売却

生命保険見直し相談ランキング(無料)@おすすめ選び方ガイド

保険見直し【家を売却したら?】


kazoku5

家を売却することがあったら、保険見直しを行う必要があります。しかし、なぜ家を売却することになったのかによって、見直し方にも違いが出てきます。

 

まず、住宅ローンの支払いが困難になったので売却することになった場合です。

 

住宅ローンには団体信用保険が付帯されている場合が多く、当然ながら家を売却したらこの保障はなくなります。ですおで、現在加入している保険に死亡保障を上乗せすることを検討する必要が出てきます。

 

そして、今後の家計全体の予算等も考慮した上で保険見直しを行い、収入保障保険や定期保険といった保険に加入することを検討してみるといいですね。

 

次に、新居を購入したことで住宅ローンを借り換えるという場合です。このとき、前の家の住宅ローンが残っていれば、そのまま団体信用保険を引き継ぐことができます。

 

ですのであまり大きな違いはないのですが、子供の成長、独立等があれば、改めて保障内容を見直す必要があります。

 

さらに、家を売却して賃貸住宅に引っ越すことになった場合です。転勤などの関係で、引越しをする人もいますよね。

 

その場合、住宅ローンに付帯していた団体は保険がきかなくなるので、現在加入している保険に諡号保障を上乗せする必要がでてきます。

 

家を売却する理由は人それぞれでしょうが、そのような事態に遭遇することになったら、しっかりと保険見直しをしましょう。自分に最適な保険がわからないという場合は、専門家に相談をすることで解決できるはずです。

 

タグ : 

保険の見直しガイド

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る