保険見直し 定年退職

生命保険見直し相談ランキング(無料)@おすすめ選び方ガイド

保険見直し【定年退職したら?】


kazoku3

保険見直しにおいて、定年退職も重要なタイミングと言えます。高額な死亡保険は、退職後には不要と言えるでしょう。子供も独立しているでしょうし、配偶者との今後の暮らしについて考えていきたいところですね。

 

配偶者への保障、自分の葬儀費用の資金、相続の対策といったことを考慮した上で、保険見直しを行いましょう。

 

死亡保険は、終身保険に加入することをおすすめします。
終身保険は掛け捨てではないので、保険料が高くなってしあいます。しかし、掛け捨ての保険商品と比べて保証期間が決まっておらず、一生涯保障されるというメリットがあるのです。定期付き終身保険に加入していたという人は、終身保険だけ残して定期保険は解約する、という方法を取ると良いかもしれませんね。

 

ところで、定年退職を迎えたので収入が減ってしまうということから、保険を解約してしまう人も多いと思います。しかし、これは危険です。病気にかかるリスクは年齢が上がるほど高まるので、医療保険は最低限残しておくべきなのです。

 

生活習慣病はもちろんのこと、要介護状態となってしまったら、家計への負担はとても大きなものになります。保険見直しにおいて、医療保障の内容に重点をおきましょう。

 

しかし、収入が減ってしまうことから保険への加入を渋ってしまう人も、やはり一定数はいるはずです。そこで、退職金を有効活用するという手があります。一時払い個人年金保険に加入するのです。これは、まとまった資金を運用しながら毎月一定額を受け取れる保険です。

 

色々なタイプがありますから、保険窓口等でファイナンシャルプランナーに相談をしてみるといいですね。

 

タグ : 

保険の見直しガイド

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る