横になってテレビを見るのは目に悪い

目が悪くなる原因としては、ゲームのやりすぎやパソコンの使い過ぎ、ほかにも暗い部屋で本を読んだとか、いろいろなことが考えられますよね。勉強のやりすぎというのも、目が疲れてしまうから視力の低下を招くものです。
テレビの見すぎというのも、きっと視力を悪くしてしまう原因になるでしょうが、なんと横になってテレビを見るというのも、視力が悪くなってしまうらしいですよ。横になってテレビを見ているなんて、とてもたくさんいると思うので、注意した方がいいでしょうね。
ちなみになぜ目が悪くなるかというと、右目と左目で見ているものの距離に差ができてしまって、目がピントを調節しようとすることで疲れてしまい、それによって視力が悪くなんだそうです。
目を酷使したと思ったら、きちんと休ませてあげることが重要なんでしょう。温めたり、遠くのものをしばらく見てみたり、目の周辺をマッサージしてあげたりすれば、少しは視力の悪化を防げるのではないでしょうか。

変わろうと思わなきゃ、いつまでたっても変わらない。。。